2回目の家は平屋が一番

皆さんの体験談をご紹介します☆

************************************

家を作る時に、できれば2回ぐらい作りたいと思っています。
私の場合は、まだ一回しか作ることができていませんが
実家の場合は2回目を作りました。
その実家は、私もこんな家に住みたいと思うほど素敵な家になっています。
それは、平屋です。
ここではどんな家になっているのかお話します。

・経費が安い
家を作る時に、一番心配するのはなんといってもその経費です。
それについてないので、諦めてしまうことが多いのです。
私の場合も、二回目の家は無理かもしれないと思うこともありました。
ところが実家のように、平屋だったら作ることが出来ると思うほど、
納得することができています。
夫婦二人の家なら平屋で十分と思うし、
それの経費として準備することができると感じました。
二階建てからすると、かなり安く出来ました。

・階段がないので危なくない
平屋の場合は当然のこととして、
二階がないので家の中で階段を使うことがありません。
階段を使うことがないと、それだけ危なくないのです。
年を取ると転倒をしたり転落をするリスクが高くなってしまいます。
その事を思うと、家の中では安心安全なところと思うことができます。

・庭が近い
庭作りが好きな私にとっては、平屋の魅力をしっかり感じることができます。
それは庭が近いということです。
庭にすぐに出ることが出来るし、いつも眺めることができるのは
とても幸せな気分になっています。
実家に帰ると、その点でも癒しをもらうことができています。

・移動範囲が少なく楽
平屋の場合は、それだけ移動する範囲が少ないのでとても楽です。
あまり動かないでも、必要なことを行えるのです。
例えば掃除をする場合も、以前だったら二階があり、
広い家の中をたっぷりの時間をかけないと掃除をすることができませんでした。その点、平屋の場合は短時間で行うことができて辛くないのです。
そのことも、母親がとても喜んでいます。
家事をすることが楽になるのは、とてもいいことですね。

以上が、私が感じた平屋の魅力です。
みなさんもぜひ、平屋も検討してみてはいかがでしょうか。

京都のおすすめ住宅会社はこちら