断熱は大事

皆さんの体験談をご紹介します☆

************************************

家つくりとして一番大切なことは、なんといっても過ごしやすい事です。
特に日本の場合は、季節に応じて寒かったり暑かったりすることが多いので
その時にいかに快適に過ごすことが出来るのかということなのです。
私の場合も、そのことについてとても重要と思っていました。
ここでは、断熱についてお話します。

・断熱材は多めに入れる
家の中に、断熱材を入れることは当たり前となっていますね。
そのとき、少ないとやっぱり寒く感じてしまうのです。
以前に住んでいたところは、ほとんど断熱がなかったと感じます。
冬には、寒くて家の中にいるのに寒いし辛いと思うことがあったのです。
そんなことになりたくないのです。
そこで、新しい家では、断熱材を多めに入れました。

・夏も冬も快適
断熱作用があることにより、夏も冬も快適に過ごすことができます。
以前の家のことを思うと、雲泥の差であると感じます。
家にいることが辛かった時は、今は考えられないのです。
家にいて快適であるので、家で過ごす時間が増えました。
それはとてもいいことですね。

・各部屋のドアも重要
各部屋については、その空間が広いほど寒くなってしまいます。
夏は換気が十分できるのでいいと思うものの、
広い部屋と言うのはやっぱり寒いです。
そこでしっかりドアを付けることにしました。
ドアをつけることにより、暖房も効きやすいです。

・窓が二重にして断熱
窓については、もちろん頑丈な二重窓にしています。
そうすることにより、外の暑さや寒さを
そこでシャットアウトすることができています。
それと同時に、カーテンも重要と思うようになりました。
窓を頑丈なものにして、カーテンをしっかりした生地を選ぶことにより
断熱作用をより効果的にすることができます。

・窓はサッシが良い
窓については、木の窓にしようと思ったのですが
それよりもしっかりと密にできるサッシにしています。
木の場合は、少し隙間ができるような感じがしたので
サッシで良かったと思います。

京都のおすすめ住宅会社はこちら