作りたいデザインで作れる注文住宅

皆さんの体験談をご紹介します☆

************************************

私達の家は、注文住宅で建てました。

注文住宅の一番のメリットは、間取りや外観を自由に出来る点だと思います。

特にデザインにうるさい訳ではありませんが、
屋根の部分の勾配をきつめにして、三角屋根にしたり、
屋根の色と外壁の色からサッシの色を決めたり、と家族で結構
楽しんで話し合いました。

最初は洋館建築のような感じにしようかと思い、
茶色い屋根に1階と2階の間に横に1本茶色い線を入れようと考えました。

しかし、予算があります。

中も洋館のようにしようとすると、総てがオプションとなってしまい、
とても払えなくなることがわかりました。

そこで、三角屋根のデザインだけは残して、色も明るめの緑にし、
サッシも暗くならないようにシルバーにしました。

初めとは180℃変わったようにも思えますが、
そこまで洋館風に拘った訳ではないので満足しています。

緑の屋根も、あまり見かけないので、子供達が喜んでいました。

家の中は、LDに出窓、2階に洗面台を作ることが夢でした。

出窓があると日も入って来ますし、
出窓に花や家族の写真を飾ったりも出来ます。
明るいと部屋が広く見えるので、出窓は作りたいと思っていました。
ただ、逆に部屋が狭く見えないように、
物をなるべく置かないように気を付けています。

2階の洗面台は、2階の掃除をする時にとても便利です。
雑巾が洗える程の小さな洗面ボールにしたので、場所も取りません。

また、1階の洗面所を家族の誰かが使っている時や、
子供の友達が遊びに来た時等便利です。
水とお湯、両方使えるようにした方が冬は便利です。

昔は2階のベランダに水道を作っているおうちも見かけましたが、
雨の日などは家の中の方が良いかもしれません。

各部屋のクローゼットの位置は、部屋が一番広く使える場所に付けました。

外構のデザインですが、北側はフェンスを付けると、
フェンスと家の間が狭いので間に入るのが難しいことがわかりました。
雑草が生えても抜けません。
その為、北側はフェンスを付けず、蛇の髭を植えています。

京都のおすすめ住宅会社はこちら