クロスでお部屋の印象が変わる

お家を建てる際にクロス選びに迷いました。

クロスとは、いわゆる壁紙のことです。

クロスの種類は色々とありますが、
一般的なものでビニールクロスというものがあります。

ビニールは様々な処理方法ができますので、色もたくさんありますし、
プリント柄やエンボス加工などパターンも豊富にあります。
費用も安く抑えられますし、掃除も楽なのがメリットです。

ですが、有害物質であるホルムアルデヒドが接着剤に含まれるため、
健康面への影響などが懸念されます。
シックハウス症候群が問題になってからは、
対策も取られるようになりましたが、心配な方は
「F☆☆☆☆」という対策マークが目印になるので
選択する際の指標にすると良いかもしれません。

他にも紙クロスというものがあります。
紙のクロスは天然素材なので、環境にもやさしく安全です。
和紙の壁紙ですと、和紙特有の風合いであったり
雰囲気を楽しむことができます。
そして、湿気を吸い取ってくれる効果があり
乾燥しているときには湿気を放ってくれるというメリットがあります。
私たちの暮らしに溶け込んでくれるだけではなく消音効果もあります。
ですが、紙ですのでビニールクロスと比べて薄く、
張り替えの際に手間がかかってしまうため費用も上がってしまいます。
こすったりするとはがれてしまったり、水や油はねにもとても弱いです。
シミになってしまう可能性もあります。

他にも、木質系壁紙(木質系クロス)というものがあります。
天然木やコルクをスライスして使った壁紙で、
木の温もりを感じることができ、お部屋の印象を
落ち着いた印象に仕上げることができます。
デメリットとしては、水に弱くシミになってしまうため
拭き掃除ができないということと、取り入れると
高価なものになるので費用が上がってしまうということです。

アクセントクロスにして壁の一部に取り入れるなど工夫をすれば
費用をおさえられるかもしれません。


家の内装はクロスで決まると言っても過言ではないくらい
雰囲気を左右するものになります。

費用がはねあがらないように、
標準のものとオプションのものをうまく組み合わせて、
高額なものはアクセントクロスにしてみたりと
工夫されることをお勧めします。

京都のおすすめ住宅会社はこちら